アレルケアを1か月試してびっくり!今年は花粉症で耳鼻科のお世話にはならずに済んだ・・!

アレルケアを1か月試してびっくり!今年は花粉症で耳鼻科のお世話にはならずに済んだ・・!

 

40代男性です。20年間にわたって花粉症と向き合ってきました。アレルケアを使用するようになってから、春のお花見にも喜んで行けるようになったので、私の体験をシェアしたいと思います。

 

 

毎年2月になると、目のかゆみや鼻水が止まらないようになります。他の人よりも症状が早く出るので、私がマスクをするようになると、他の花粉症の人も警戒していました(笑)

 

 

2月はまだマシですが、3月4月は症状がひどく、外出したくないというのが本音でした。鼻水に関しては、常にずるずると出ている状態で、ティッシュなしでは過ごすことができません。

 

 

肌触りが柔らかい高級なティッシュを使っていましたが、鼻の下が赤くなってしまい、ヒリヒリと痛かったです。

 

 

例年は耳鼻科に通って薬を処方してもらっていました。ただ、薬の副作用で眠くなったり、頭がぼーっとするような感覚があり、仕事に集中できず、かといって薬を飲まないわけにはいかず、板挟みで困っていました。

 

 

鼻水に関しては、特に仕事に支障があり、会議でのプレゼンの機会や、商談中に鼻水が止まらなくなることがあり、常に気が張り詰めていて、リラックスできない状態でした。

 

 

20代から20年以上花粉症と向き合っていますが、有効な対策がないまま、これまで過ごしてきました。

 

乳酸菌の科学的根拠に基づいたアレルケア。口コミは重視しなかった。

いろいろ困っている中、友人から紹介されたのがアレルケアです。私自身、科学的なバックグラウンドがあるので、乳酸菌と腸内環境の関係については認識していました。

 

 

L92乳酸菌というのが注目成分であったので、いくつか論文などを探してみると、花粉症などに対し興味深く結論付けられているものがありました。

 

 

お値段もそこまで高くないので、まずは気軽に試してみるかと思い購入しました。

 

 

1月下旬からアレルケア飲み始め、2月を迎えました。例年であれば2月初旬から辛い思いをする時期です。

 

 

初旬は、花粉症に関しては特に変化を感じませんでした。しかし、便通がかなり良くなった実感がありました。これまでは、毎日のお通じはなかったのですが、アレルケアを飲み始めてほぼ毎日便通があるようになりました。

 

 

これは腸内環境が変化してきたのか!と嬉しく思いました。

 

 

そして2月下旬になり、目のかゆみや鼻水は多少はありましたが、例年に比べ明らかに症状が軽いのです。花粉の飛散量によっては、ほとんど辛い症状を感じないまま過ごせる日もありました。

 

 

その年は薬を飲んでいなかったので、眠気や頭がぼーっとすることもなく、仕事もはかどりました。また異性とのデートも積極的にできたので、まさにアレルケアの効果を実感できたと言えます。

 

 

4月の花見も無事に参加することができ、久しぶりに楽しく外でお酒を飲むことができました。

 

 

アレルケアは花粉症の方にはもちろんおすすめですが、毎日便通がなく困っている方や、皮膚の乾燥が気になる方にもお勧めできます。

 

 

私の場合は通年で飲んでいるわけではなく、花粉シーズンに合わせ、1月上旬から毎年飲むようにしています。ケチらずに毎日飲み続ければ、さらに良い結果が待っているかもしれません。

 

 

ただ、お値段の関係と、シーズン前だけ飲むという今の飲み方でも十分効果を実感しているので、今後も悪化することがない限り、毎月飲み続けることはないかもしれません。

page top