花粉症+ストレス性のじんましんのWパンチ。アレルケアで腸内環境対策実施!

花粉症+ストレス性のじんましんのWパンチ。アレルケアで腸内環境対策実施!

 

50代になり、花粉症がひどくなり、さらにストレス性と思われる蕁麻疹で悩んでいました。アレルケアを使用して、それぞれの不快な症状が軽減したので、その内容をシェアしたいと思います。

 

 

これまでも花粉症の症状がありましたが、そこまで鼻水がたくさん出るなどの症状はありませんでした。花粉の季節になると、若干目が痒くなるような感覚があった程度です。

 

 

しかし、昨年から突然症状がひどくなり、目が充血して鼻水も詰まっています。鼻が詰まっているので息苦しく、夜眠りにつくのも大変な状況でした。

 

 

また、ストレス性と思われる蕁麻疹が、不定期で出るようになり、非常に困っていました。この時期は様々な環境の変化があったので、そのことに対しストレスを感じていたのだと思います。

 

 

ストレスからでしょうか。便通も以前より悪くなり、常にお腹が張っている感じがしました。

 

 

そんな時アレルケアという商品を見つけ、花粉症対策と同時に、便秘の対策もできそうだと購入に至りました。

 

 

アレルケアを飲むようになって、 蕁麻疹が出来なくなったことに驚き!!

サプリメントに詳しい友人に色々聞いたところ、腸内環境を変えるのは、一朝一夕には不可能で、最低でも3ヶ月は続けた方がいいとのことでした。

 

 

アレルケアは、正直、お値段はそこまで安くありません。

 

 

ですが、このまま手をこまねいていても良くなる気配はありません。どうせなら、初めから続ける気でやろうと思い、ボトル入りのタイプを購入しました。

 

 

定期便を選択し、気が付いたことが、アレルケアは意外と価格が高くないということです。120粒で2ヶ月分であり、それは3780円でした。一か月分に換算すると2000円にも満たないので、ランチに回分の値段だと思えば、節約することは十分可能でした。

 

 

まずはじっくり続ける気でいましたが、便秘や花粉症などにはあまり体調に変化はありませんでした。

 

 

しかし、3ヶ月ほど続けてみて、ふと気づくと「じんましんが一度もできていない!!」という事実に気がつきました。

 

 

これまでは不定期でじんましんができていましたが、3ヶ月全く症状が出ないということはなく、最低でも月に1回は出ていました。この間、特に環境が変わったわけでもなく、新たに取り組んだことといえば、アレルケアを飲み始めたぐらいです。

 

 

正直、腸内環境の良化と、蕁麻疹がでなくなったことに関連性があるかはわかりません。アレルケアを飲んでいるという思い込みの効果だったかもしれません。

 

 

しかし事実として、それ以降も蕁麻疹は出ていないので、私はアレルケアのおかげかなと考えています。

 

 

それ以降もアレルケアを続けていたところ、花粉の季節でも鼻づまりが気にならないレベルになり、お通じも毎日とはいきませんが、2日から3日に一回は便通が来るようになりました。

 

 

とにかくアレルギー体質でいろいろと悩みがある方は、一度アレルケアを試してみてはいかがでしょうか??

page top